INFO リズム&ドラムマガジン2020年5月号 表紙・掲載情報

2020年3月25日発売の
リズム&ドラム・マガジン 2020年5月号にて、
el tempoの表紙・特集が掲載されます

先日行われた横浜ランドマークホール公演の模様と共演者のコメントなどを交えたドキュメンタリーを
付録ダウンロード連動の映像に特別収録!
また、ライヴ・レポート、インタビュー他、ハンドサインの解説など盛りだくさんとなっております!

-----------------------------------------------------------------------------------------------
リズム&ドラム・マガジン 2020年 5月号
定価:1,364円+税
品種 雑誌
仕様 A4変形判 / 164ページ / 映像ダウンロード・カード付き
発売日 2020.3.25.

■Cover Artist 映像連動
シシド・カフカが生み出す
自由なる“リズム・アンサンブル”
el tempo directed by
SHISHIDO KAVKA
with
IZPON
岩原大輔[旅猫油団、小沼ようすけtrio]
歌川菜穂[赤い公園]
浦山一悟[ACIDMAN]
岡部洋一[ROVO]
金子ノブアキ
ケイタイモ[WUJA BIN BIN etc.]
KENTA[SPYAIR]
Show[Survive Said The Prophet]
はたけやま裕
MASUO[BACK DROP BOMB、PONTIACS、J]
茂木欣一[東京スカパラダイスオーケストラ]
芳垣安洋[Orquesta Libre、Orquesta Nudge!Nudge!、ROVO、etc.]

今号は、シシド・カフカが主宰する打楽器のエキスパート達が集ったリズム・イベント=el tempoが表紙! アルゼンチンを拠点に活躍する気鋭の打楽器奏者=サンティアゴ・バスケスが開発した演奏システムを駆使するこのイベントは、100を超えるハンドサインを使い“コンダクター(指揮者)”が演奏者に合図を送り、即興による刺激的なアンサンブルを展開&構築。大きな話題を呼んでいる。今回は、去る2月15日に開催された横浜ランドマークホール公演の模様と共演者のコメントなどを交えたドキュメンタリーを付録ダウンロード連動の映像に特別収録! 本誌でもシシドへのロング・インタビューの他、当日のライヴ・レポート、多くのオーディエンスがel tempoを楽しむことができるように、ハンドサインの解説も交えて、その魅力に迫っていく。



https://www.rittor-music.co.jp/magazine/drums/